FF11赤ソロ小冊子

ベストよりベターで満足するFF11プレイヤーのブログです。
カーバンクルサーバーで赤魔道士や学者をメインに遊んでいます。

Twitter』『Youtube』『niconico動画』も宜しくお願いします。

5月になり腕試し的に覇者のNMにも挑戦し、経験を積んだ事と、装備が揃ってきたのでいよいよRaniソロ撃破に向けて本格的に戦略プランを立てて突撃して見る事にしました。

先のバージョンアップでケアルの回復量が大幅に上がったことがとても良かった。妄想開始した頃からずっとネックだと思っていた赤の回復能力が向上したことで光明を見出せました。
ホント、これが無かったら私の赤ソロは限界を迎えてギブアップしていましたね。


Rani ・・・FF11用語辞典より

要約すると

●通常攻撃の追加効果で「強化効果を際限なく一つ吸収」する。
 このため、強化アビリティ、強化魔法が使えず、素の状態で戦わなければならない。

●精霊がとにかく痛い。ガIII系で1500前後、ガIV系は3000近く吹き飛ぶ。

●特殊技使用中は物理吸収、魔法詠唱中は魔法ダメージ吸収。

●HPが減るとダメージカット能力が徐々に強化、HP僅かで非常に強力なリジェネ。
 所謂カチカチ。

●インスロール(魅了技)にはRaniの目が紫色に光る前兆があり、TP300まで溜め込んでから発動する。

●闇土氷水に対して非常に強い耐性。


とまぁ、こんな感じ。何とも絶望的である。


赤の強さとは自身への多彩な強化魔法能力と相手への魔法による弱体能力による優位性を作れる事です。
これにより削り能力、打たれ強さ、持続力を高めることができ、勝利の方程式が成り立つようになる訳です。

自身の強化、相手への弱体。このどちらかが崩れると非常に辛い戦いになる事は赤ソロする方なら身に染みて分かると思います。(だからホリッドロアはキライなんだ!)

さて、Raniと戦うに当たって、自慢の強化が封じられ、弱体3点セット(ブライン、スロウ、パライズ)も何やら怪しい状態。


兎にも角にもRaniの強さを理解するには百聞は一見にしかずってことで、ニコニコ動画でこれまた猫モさんのRani動画を何度も見直しました。
こちらはLV90時代のものでLV99の場合多少楽になっているだろうとは思っていましたが、何度見ても勝てるビジョンが浮かびませんでした/(^o^)\



とまぁ、とにかく諦めたら何も始まらないのでソロで戦う場合に解決しなければならない問題点と解決策を一つ一つクリアして行こうと考えました。

1、精霊魔法をどうするか?

神竜ソロ時と同様に明星のアートマが鉄板。後は全身魔法カット装備で軽減しようと考えました。
これまではシェルV+装備で簡単に50%のキャップに持っていけてたのですが、装備だけで50%到達は私には到底無理でした。それでもダクリン漁りやカット装備を新たに買い足すなどしてカバーし、装備のみで41%に達しました。

2、MP問題をどうするか?

強化が使えない=リフレシュが使えない=MP足りないです。
MP解決の為に邪気のアートマをつけるか?とも考えましたが、貴重なアートマ枠の一つは既に明星につかっていましたので却下。コンバートとアイテムで解決する方針にしました。
サックにハイエリクサーを大量に確保し、使用時はHPMP変換装備でより多くのMP回復を図る!

また、被弾を空蝉で回避する事でMP消費を紙兵消費に置き換えることにしました。

3、カチカチをどうするか?

これは残念ながらタゲ切りしかないと思いました。実際どのタイミングで行う必要があるのか、ソロでも出来るのか等わからないだらけでしたが、取り合えず先延ばしする事に。

4、魅了をどうするか?

レジストする!


さて、浮かび上がった問題点を解決する策も講じることが出来ました。
後はのりこめー^^して今の自分でどこまでやれるかぶつけるまで!

スペックは以下です。

赤/忍 アートマ:灰燼、凶角、明星
物理カットシカーガーx2、物理カット装備で物理カット44%
ヘイストは明星1%こみで23%
精霊時は着替えで魔法カット41%+魔法防御特性(+67)
食事はレッドカレーパン

初対戦は5月のGW。アジュダヤ動画を投稿した後だったかな?


初戦の結果は・・・





5ミリ削って負け。


やだ、何コレ^^;;;;

最終的に魅了装備は必須でなく、ぶっちゃけ無くても良かったんですがねっ・・・!!

でもそれを知るのはRaniを知り尽くした結果、上記結論に至った訳で、この頃の自分には知りようが無かったのです。
それに知ったからこそ、意地でも魅了を回避して完璧に勝つ!という思いで使うことになりましたしね。

さて、3月4月はメイジャンしつつ競売チェックしつつの日々で、Rani撃破が実る可能性は限りなく僅かだと思いつつも着々と準備を進めていました。
光ルートのメイジャンも少しずつ進め、魅了に役立ちそうな装備は以下の2点を中心に集めていました。

①レジストチャーム効果アップ装備を集めてレジスト効果発動!による魅了完封!
②耐光装備を集めて純粋なレジストを狙う!

装備を集めてはよくビシージのラミア先生に特攻して他のPCと一緒に魅了されていましたw無理ww

~ ①レジストチャーム効果アップを狙った装備品 ~

まずは全状態異常レジスト効果アップ装備。

フラーレスリボン
耐光+30と凄まじい上昇量。全レジスト効果アップはジョブ特性1段階? オマケにキラー効果アップ2%?もついてくる!
キラーショートボウ
全レジスト効果アップは恐らくジョブ特性1段階程度。キラー効果も2%?程。
胡蝶のイヤリング
全レジスト効果アップ+5という個人的に神性能レジスト系No1。神竜ソロ時はクイックマジック3%で使ってましたが取り直しました。(これ簡単に取り直せます。)
ハーティーピアス
全レジスト効果アップ。昔は書いてなかったけど最新の用語辞典だと10%程度となっていた。
レギオン品で落札したのは初期の頃だったので150万位したような・・・今は10万以下。


さらにレジストチャーム効果アップ装備を集めました。

メロー17号ロケット
レジストチャーム効果アップ(10%程かという記述も) 何気に耐水+30が凄い!
アトルガン初期クエスト報酬。当の昔に捨てていたので倉庫キャラ作って宅配した・・・。倉庫キャラゼロ派なんですが・・・。
不惑の指輪
レジストチャーム効果アップ(効果不明)
LV50装備なのであまり期待はできませんが、競売にあったので購入。
宵闇の指輪
レジストチャーム効果アップ(効果不明)
自分のサーバーでは未だに取引2件の謎リング。職人様を募って作って頂きました。製作の内容に間違いないか念を押されましたw

これで7箇所をレジストチャーム効果が期待できる装備で使いました。
他にもボランティアピアストードミトンがあるのですが、効果も不明なのと入手が難しそうなので諦めました。
ボランティアピアスは上記のハーティーピアス、トードミトンは下記のセラフミトンが優秀なので問題なしと感じたのも理由の一つです。


~ ②耐光装備で純粋なレジストを狙おう装備 ~

頭:フラーレスリボン 耐光+30 古銭150枚。

胴:赤にはこれといって無し。他ジョブでは麒麟大袖 耐光+50がある。

手:セラフミトン 耐光+50 エコーズ品で品薄で捨て値。なかなか出品されなかった。

脚:これといって無し。

足:クリムゾングリーヴ 耐光+20 HQ品薄で妥協。玄武がなかなか落とさずに苦労した一品。

首:インビディアトルク 耐光+20 競売、安い。

耳:ライトピアスx2 耐光+15 競売取引ゼロ。アレテデルソルを使ってましたが、最終決戦前になってアビミザに漁りに行きました。

指:エンジェルリングNQx2 耐光+9 品薄で妥協。FOVオグメで10以上の他の属性耐性が付いたlol

背:エバリエントケープ 耐光+20 競売、安い。

腰:キャリアーサッシュ 全耐性+15 レギオン品。これもなかなか競売に顔すら出ずに初めて出品があったときにご祝儀価格200万で落とせた一品。今では10万。
ただ、腰装備の耐性装備は限られているのでとても優秀。


とまぁ、我ながら良くもこんなに集めたもんだと思います。

結局レジストチャーム系は複数装備して幾つかの敵で検証してみましたが、期待できるLVには至りませんでした。
積み重ねてももともとの効果が低いのか、レジストチャーム効果アップにランクがあって重複していて無駄になっているのか、色々と想像は出来ますが私にはとうてい検証できない内容です・・・。


検証では上記7部位のレジスト装備に耐光+135で行ってましたが、魅了を使う検証の相手のLVがどうしても低い個体となる為、それなりにレジスト効果もでますが、耐光+135程度でもアドル入りだと純粋にレジストしてました。

それでRani戦のかなり終盤の段階まで上記装備でやってましたが、肝心の魅了がレジストできず、
思い切ってレジストチャーム装備を止めて全身耐光+装備に変えました。

結果、耐光+203に魔法回避率+42となり魅了を十分にレジストするLVにまで上がりました。
といっても動画では3回のインスロールに1回、2回と魅了されて3回目でようやくレジストした感じになってしまいましたがw

実際は自身満々にレジスト出来るよって言えるLVになっているのです。


いや、ホントに・・・(´;ω;`)

投稿した神竜ソロの動画で頂いたコメント「ラスボスは実質ラニだな・・・。」
これを見たある日、すべてはここから始まっていた。
(Raniか・・・、Raniねぇ・・・。魅了してくるしねぇ・・・。)


1月末に神竜の動画を投稿してから正直FF11は満足して2月はまったくインしていませんでした。

ってのも昨年末にSteamから購入したスカイリムを本格的にプレイしてみると面白いこと面白いこと・・・。
こんなに描写がきれいでリアリティを感じる世界を自由気ままに動き回れる楽しさは本当に衝撃的でずっぽり嵌りました。

2月は毎日のようにスカイリムしてたと思います。ただ、オフゲーなので毎日やるとさすがにプレイしつくした感があって、そうなるとFF11に目が行くようになったり。

ゲームしてて思うのはやっぱり自分が作ったキャラクターには愛着があって、いつまでもどこまでもそのキャラクターを使って遊びたいって事なんですよね。

でもオフゲーだとどうしてもストーリーやLV等の成長にも終わりがあって限りがあるという事。
ゲーム自体、年に1本買うかどうかな私ですが、特にファイアーエムブレムは大好きです。
ただ、これもSRPGの定めで終わりが近づくとなんとも複雑な気持ちになりますね。
終わりがあるからこそ面白いってのもありますが・・・。

FF11も同じで2002年5月のサービス開始月に誕生した赤魔道士Luteは思い入れのあるキャラクターです。
ちなみに当時PCに乗り換えた時にあまったアカウントでセカンドキャラを作ったのですが、このキャラクターも愛着があって課金停止、再開を繰り返してましたw
今でも2アカキャラとして使っていますが、何かと高水準を求められる現状ではこのキャラでPTプレイはできません・・・。
装備もスキルも地雷過ぎるlol


とまぁ、そういった訳で再び3月からFF11をやろうかとした時に何か面白い事はないかなぁと思ってた所にFF11の各エリアの天候を調べれるサイトの存在を知ったのです。
FINAL FANTASY BAZAAR

多分殆どの人は知っているんでしょうが、ぼっちプレイの情弱にはとてもカルチャーショックを受けましたw

で、このサイトを見たときにちょっと色々とメイジャンやってみようかなと思ったのです。
赤ソロにおいて、風ルートの回避シカーガーや土ルートの物理カットシカーガー、攻撃面でも火ルートのシカーガーはどれも魅力的です。
本当は欲しいけど面倒だからいいやって億劫になってたのですが、この天候サイトを知って各天候の情報を頼りに無駄なく移動、効率良くメイジャンをこなせたら面白いかなと思ったのです。

その中でも特に気になった光ルートのシカーガーの魔法回避率+16。

魔法回避率+16

って何ぞや?

用語辞典にもぐーぐる先生に聞いてもはっきりとした答えを得ることは出来ませんでした。
既存装備品にもこのプロパティを有する装備は少なく、夢神の外套で+5とか控えめな数値しか付いていない。
そもそも光ルートの魔法回避+メイジャンを作っている人が極めて稀のようで、
少なくとも私が調べた限りでは魔法回避+メイジャン完成!検証しました!って情報はなかったです。

一つ気になったのがニコニコ動画で猫モさんが魔法回避タイパンで99BCのベヒ、四神の朱雀をソロしている動画。
どうやらレジストの可能性を高める効果があるようで、もしかしたら魔法回避シカーガーを二刀流したら魔法もレジレジで魅了もへっちゃらになるかも知れない・・・!

そんな期待をしてました。


まー、再開するにあたってRaniソロの妄想をアレコレと始めたわけですが、最終的に魅了をクリアしない事には無理な話だと思っていたので、兎にも角にも魅了をどうするかばかり考えていました。

アルマス完成記念の試し切り相手に抜擢されたRaja編。

討伐時期は12年5月末。動画はこちら

言わずと知れたアビセア-グロウベルグに出現するカトゥラエ族の王です。
メインクエストを進めるにあたり、このRajaとアルテパのRaniは難所だと思います。

私もメインクエストをやってた頃はご多分に漏れずRaja、Raniで詰まっていました。
RajaはLV90時代に運よく現地の外国人PTに誘われてのりこめー^^する事が出来ました。
この時はフルアラアンスに近いPTでしたが、やっぱり半壊しかけました。もう皆HP真っ赤w

結局外国人の一人が天神を使って無事に討伐できたのですが、天神地祇の薬って英語だとPrimeval Brewって表記なんですね。
PT会話でbrew!、brew!って言ってて最初何のことだか分かりませんでした。

RaniはLV99になってトリガー集めてエポナ狙い天神使用者、クリア目的の方々を募って行きました。
当時は天神無しで倒すなんて私には考えられませんでしたね~。



さて、話がそれてしまいましたが、アルマスが完成し、これまでに覇者のNMも幾つか討伐して来ましたので試し切り相手には過去の強敵Rajaを選んだのです。

カトゥラエ自体はメインクエストを進める上でも何度か戦いましたが、ソロで撃破するのは実は初めてでした。

用語辞典で調べるとカトゥラエはいくつかの共通技に加えて、個体によって異なる特殊技を持っているようです。
禁断、死闘エリアのカトゥラエも面白い戦いが出来そうです。

Rajaの場合はロイヤルデクリーというサポートジョブを無効化する技が特徴で、効果時間中はサポートジョブがLV0に制限された状態で戦う事となります。

この時点でサポ忍、サポ踊りの選択は除外しました。また基本殴りのみで戦うつもりでしたのでサポ青も除外しました。

ちょっと面白いかなと考えたのはサポ暗黒で、カトゥラエもアルカナに属しますのでキラー特性、アルケインサークルが有効かなと。

しかし、ロイヤルデクリーの頻度が分からなかったのと強敵に対して特に安定感のあるサポモをサポ暗と比較した場合、サポモに軍配が上がりサポートジョブはサポモで行くことにしました。

~スペック~
赤/モ アートマ:灰燼、凶角、終焉(アートマ持ってないから大抵コレw)

ヘイストは25%
ゼルス(8)、ブレーゴ手(4)、スピベル(6)、竜巻(3)、エウルス(4)

物理カット35%
玄武盾(10)、ダークハーネス(3)、黄昏の光輪(5)、竜巻(4)、ダクリン(4+4)、モルスカ(5)

魔法カットは上記+シェルで47% 他組み合わせで50%になるようにしてます。


戦ってみた感想はやっぱり強かったw
瀕死ダメージや一撃死するような強力な攻撃はしてこないものの、ダメカットした精霊、特殊技で800前後連発、通常攻撃はそこまで高くないものの追加ダメージが地味に痛く、連続的にダメージを受けるとあっという間に転がる程。

一度あったのが引っ張って戦闘態勢に入ったと思ったら吹っ飛ばされて転がっていたという何ともポルナレフ状態な事も。

特に魔法の使用頻度、詠唱速度が早くて苦戦しました。

これまでの自分は敵のガ系詠唱に合せてストンスキンをしてダメージを軽減し、空蝉なりケアルなりしてリカバリーするスタイルだったのですが、Rajaの場合ストンスキンをしている間、もしくは詠唱直後にガ系が着弾します。

その為、ストンスキン詠唱後の硬直が足かせとなり素早いリカバリーが出来ずにピンチになっていました。
なのでちょっとスタイルを変えて、通常時に積極的にストンスキンを使うようにして、ガ系は魔法防御装備に着替え、着弾と同時にケアル詠唱する事で安定性を高めました。


サポモの選択はやはり正解で、かまえる時の被弾の低下とカウンターによる手数上昇は優秀でした。

また、RajaのロイヤルデクリーはサポートジョブのLVが0に制限される技でサポートジョブの能力自体が無効化されるわけではありません。
かまえるを実行していれば制限中でもばんばんカウンターしてくれます。
動画でも多くの時間をかまえる状態で戦って通常攻撃の被弾を減らしています。


これで、中盤までは問題ないのですが、後半は特殊技の頻度もあがり、HPMP50%ダウンの呪い技デスディミヌエンドや麻痺+ダメージ技ヘルクレッシェンドなど連発してくるので踏ん張り所です。

特にRajaは弱体ガ系、特殊技も悪疫、バインド、ディスペル、アムネジア、静寂、バイオ、呪い、麻痺、魔法防御ダウン、サポートジョブ制限と状態異常を沢山使ってきます。

後半は状態回復、ケアルと忙しく、目まぐるしく変わるステータスアイコンを追うのは大変でした。

また赤/モでHP3000あるのですが、ロイヤルデクリーでHP2000、デスディミヌエンドでさらに半減HP1000になったりと、最大HPの低下で常にケアルでHPを回復し続けないと戦闘を維持できないのでMPがどんどん消費されます。

後半はどんどんテンポラリ使ってMP回復してました。

とにかく忙しい戦いになりますが、最初に書いたとおり瀕死技や一撃死するような理不尽な攻撃は無いので熱い戦いを求めるなら良い相手じゃないかなぁと思います。


攻撃の多くは魔法ダメージなので安全に行くなら明星の人工アートマ(魔法防御+50)をつければ随分楽になると思います。(・◇・)ゞ

ディスペルの支援消しを無効化できたら面白い!と思ったAzdaja編。
討伐時期は12年5月上旬。動画はこちら

結果はダメでした。
アジュダヤのディスペルは恐らく唱えた際の付加効果で支援効果が消去されますのでスタンで魔法詠唱を止めても効果が発動するようです。
アジュダヤのディスペル→~~の効果を消した。見たいなログも出ません。

ソロ討伐は踊り子や忍者などの回避ジョブで95の時代に討伐されてます。
倒すことを前提に装備を考えると物理カットで固めるか回避特化が良いのではないかと思います。

そういう意味では色々と戦略ミスだったと思います。
投稿してちょっと後悔したのですが、支援なしを前提に装備を組んで戦ったほうが面白かったかなぁと。

実は3月頃から気になるメイジャン武器を作ってたのですが、光ルートの魔法回避シカーガーが完成したので色々と試した時の事でした。

装備もあまり覚えていないのですが(おぃ
動画説明分に
通常時:ヘイスト22 物理カット21 魔法カット45 魔法回避32 状態異常レジスト+5~?
とあるので

魔法回避シカーガーx2
ブレーゴ頭、手、竜巻下衣、エウルスレデルセン、スピードベルトでヘイスト22%
黄昏(5)、ダークリング(3+4)、竜巻下衣(4)で物理カット21%
エスリングマント、ブルタルピアスに胡蝶のイヤリング(全状態異常レジスト+5)

ですね。

戦闘自体は単純で、後ろから殴るだけです。
特殊技がスパイクフレイルのみに限定できるので安全です。
通常攻撃に状態異常、弱体ガ系に精霊ガ系も使ってくるので蝉回しはしっかりしたいですね。
ただブラインが入らなかったので上記装備では回避は見込めません。回避剣などでブーストすれば少しは回避するかも?

色々と嫌らしい状態異常をしてくるのですが、特に避けたかったのが石化です。
なのでバストンにバブレイクをしています。
また弱体ガ系の時はレジスト系装備に着替えるように心がけました。
レジスト系装備は以下を使っています。
フラーレスリボン
胡蝶のイヤリング
ハーティーピアス
キラーショートボウ

正直、レジスト○○系装備を好んで使っている人は稀だと思います。
しかしこの中でも胡蝶のイヤリングだけは特に効果が高いです。
多くの人はリゲインやリフレシュ、TPボーナスを選ぶかもしれませんが、お勧めしたいオーグメントです。

動画では魔法回避+32にバストン、バブレイク、上記レジスト系でブレイクを二度受けていますが、
一度目は耐性によるレジスト、二度目はレジスト効果により回避しています。
ここまでやればブレイクはほぼ受け付けないと思って大丈夫です。


因みに、状態異常のレジスト判定は
ジョブ特性、装備などによるレジスト効果発動判定→耐性効果によるレジスト判定
の順に行われます。
頭装備は難しくとも耳、遠隔部分は一考の価値があると思います。


赤ソロの場合、アジュダヤの精霊ガ系をスタンで止める手段がフラットブレードしかないので
ガ系詠唱中にストンスキンして被弾に合せて蝉を唱えれば詠唱後に高確率で来るスパイクフレイルをやり過ごせます。
そういえば、動画のコメントで知ったのですが、後ろから殴る場合、お腹辺りを殴るような位置取りで戦うとスパイクフレイルのノックバックでも敵の向きを変えずに戦い続ける事が出来るようです。(?-?)


何かと面倒な相手ですが、赤でも何とかなる相手ですので腕試しに如何でしょうか?(・∀・)つ

殴り赤の限界かも・・・と考えが過ぎった相手Apademakです。
討伐時期は12年4月上旬。動画はこちら


アペデマク自体はFF11 ぐだぐだソロ日記のがぢがぢさんが忍者ソロで討伐されており、凄く参考にさせて頂きました。
この方も凄く上手で色んなソロや他記事を書かれていて解説も分かりやすく丁寧です。
気になるNMは大抵この方がやってますね~。
忍者ソロは持ち前の回避と空蝉でサポスタンの耐性が付く前にやってしまうという戦法です。


では赤の場合はということで、取り合えず何度かお試しで突撃してみました。

最初に考えていたのはサポ暗黒でサンギンブレード連打で削りながらHPも回復する戦法。

以前、神竜ソロへ向けての装備集めでアペデマクの100%ドロップ品、摩喉羅伽の数珠が欲しくて天神で倒したことがあるのです。
"アペデマク" "天神"などで調べると大抵サンギンブレードやカタクリスムが紹介されていて私も例に倣ってサンギンブレードで倒しました。
その時のサンギンブレードのダメージがとてもよく通っていたのでこんなにダメ通るなら天神なしでも戦闘を維持できるんじゃないかなぁと。


そんな訳で、サポ暗黒で弱カンダ+3に灰燼、幽遠、陰陽のアートマつけて殴りつつ、サンギン、ブリザドとスタイリッシュな赤の戦いを期待して突撃。

まぁ結果を言えば失敗でした。

素のサンギンブレードではダメージも半減されて1000程度しか与えられず、ブリザドIVもダメージソースにはなりえませんでした。
何度かやってわかったことは赤のスタンでも耐性が付くまでの猶予がそれなりにあるのと、ブラインを入れると意外と避けるという事。


詰まる所、回避を上げて物理で殴れば良いって事で
止まっていたを風ルートのシャムシール+1を石印買って風シカーガー 回避+22 AGI+11に成長させました。
後はヘイストやDA、回避をバランスの良い装備で回避一辺倒にならないように装備調整しました。

装備はこんな感じだったかな。
シカーガー、玄武盾、キラーショートボウ
ブレーゴヘルム、アンタレスハーネス、ブレーゴグローブ、カルメカトラウザ、エウルスレデルセン
トレーロトルク、ブルタルピアス、フリギアピアス
ラジャスリング、ヒードリング、ブライズマント、スピードベルト
ヘイスト+22、回避+53、AGI +37、モクシャ+25、TA+2、DA+9

アートマは灰燼、凶角、終焉。

INTをブーストしたサボトゥールブラインIIを入れれば回避はおそらくキャップ付近まで持っていけたと思います。
後はラストリゾートで攻撃アップ、ディアIIIで防御ダウンにアルケインサークルしてとにかく殴ります。

アペデマクはアルカナに属しますのでアルケインサークルの効果中はひるみ率アップ、ダメージアップ、被ダメージダウンの恩恵を受けることが出来、とても有効です。
サークル系アビリティは何度なく調整が入りましたが、今はリキャスト5分効果3分に優位性アップでとても良いアビリティになりました。

立ち位置は側面ですのでTPをリセットにするテネブラスミストかテラー+ダメージのドレッドストームのみに絞れます。
事故を防ぐなら後方かもしれませんが、赤の場合、悪疫が致命的になるので側面が良いと思います。
テラーの効果時間は短時間ですので、ドレッドストーム→サンダガと来てもスタンは間に合います。

これで勝利の為の条件は揃いました。

細かい部分を上げると動画では開幕にアブゾマインで敵のMNDを下げた上でブラインIIを入れてます。
用語辞典によるとブラインIIの計算式は(術者INT - 相手MND + 100)/4とありますので深度アップを狙って使いました。
またTPを吸うアブゾタックも有効です。動画では一度しか使用していませんが、自身のTPや相手のTP具合によって積極的に使いたい魔法です。


最終的にスタンの耐性が付く前に削りきる事ですが、これが結構難しかった。
正直、自分の殴り赤の限界かも・・・と思いました。

戦闘時間が8、9分まではスタンは大丈夫ですが、以降はレジストの可能性が高まります。
赤の性分なのかもしれませんが、最初は丁寧に戦いすぎて削りスピードが思ったほど伸びず、後半はスタンのレジストが目立ちました。

一度LVアップされフルミネーションを受けると建て直しが厳しく、持ち直したとしてもLVアップによるこちらの攻撃、命中、回避の相対的な低下でますます削りが遅くなります。
そうなるとその後の魔法をスタンで止めても通常技でフルミネーションが選択されるようになるので絶望的です。

スタンのレジストがタイムリミット、ケアルもブリンクも最低限にして、リスクを背負いつつも殴りに集中する。
攻撃は十分避けるので傍から見ると余裕に感じますが、やっている当人はリミットの見えない爆弾を背負って戦っているようなものでこれが精神的に辛かった。

避けてるし、ガンガン削って優位に戦っているはずなのに冷や汗が流れる戦いはアペデマクならではだなぁと思いました。(;´д`)

サポモのスペックの高さがはっきりとわかったDragua戦。
討伐時期は12年4月上旬。単調なのでカットの嵐。動画はこちら

サポモでパントクラトルを倒して、更なる強敵(とも)は居ないかなと探して居た所、アビセアのドラグアが面白いかもと思い突撃。

戦ったことは無かったのですが、ニコ動でドラグアのからくりソロを見たことはあるので取り合えず耐土上げて
ストンジャ、ストンガ、追加効果の石化が何とかなれば行けるかなと負けるつもりでやったら拍子抜けするくらい簡単に勝ててしまった相手。

ただ、防御が高くリジェネ効果も持っているとの事で30分近く戦う事に。

ドラグアは一撃は痛いのですが、攻撃間隔が早いわけでもDAが激しいわけでもないので単調です。
物理カット49%でかまえてブリンクなり、ストンスキンなりやってれば物理でHPが削られることも少なく、
ストンジャ、ストンガについても詠唱間隔はそこそこ早いものの詠唱速度は普通なのでストンスキンを張って受け止めることが出来ます。

またアドルを入れてバストンに耐土装備で(合わせても200程度だったかな)受けるとかなりレジストしていました。

敵の攻撃は問題ないとして、こちらの攻撃ですが、やはり相手の防御が高く、レクイエスカットで頑張っても1500程度でした。
ドラグアは土系魔法のスロウも使ってきます。
殆どがスロウ状態での戦闘となり中盤からはだれてアルフジャンビアに持ち替えてエヴィサレーションしてました。

サポモでかまえている時はただただダルイ戦闘なのですが、ホリッドロアで強化全消しを食らうと建て直しに結構手間取ります。
かまえるが消されると被弾が一気に増え、ちょっとハードモードにになる感じです。

しかしまぁ、言ってみればそれ位でしか崩れる要素はないのでサポモかまえるスタイルの赤には簡単な相手だったと思います。


見るだけで嫌になる面倒なアビタロルートの〆としては戦いやすい相手で丁度バランスが良いのかも知れませんね(´, _ `)ゝ

このページのトップヘ